脱毛の処置直後のアフターケア

MENU

脱毛の処置直後のアフターケア

光脱毛中

脱毛をエステなどで行った場合は、アフターケアが重要となります。現在使われている方法では、必ず肌に対して負担がかかるでしょう。そのため、アフターケアを間違えると肌を痛めることとなるのです。まずあまり熱を与えないことが重要となっています。レーザーや光で脱毛を行った場合は、肌に熱がこもった状態です。特に処置を行った当日は熱を感じやすくなっています。お風呂に入ってはいけないというのは、既に熱い状態だからです。そして毛穴も開いている可能性が高めとなっています。毛穴が開いているということは、雑菌が入りやすい状態です。これもお風呂に入ってはいけない理由となります。そしてご自身で毛の処理を行わないことも重要です。レーザーや光で脱毛を行った場合、毛が残っていることがありますが、基本的には触らない方が良いでしょう。時間が経過したら抜けるはずです。処置を行った時点では活動していなかった毛穴から毛が生えてくることは良くあります。そのような毛はシェービングで処理するのが良いでしょう。そしてアフターケアで重要となるのが、保湿です。前述の通り、処置を行った直後は毛穴が開いており、肌が無防備となっています。そのため、保湿を忘れずに行い、肌を守ることが重要です。顔や腕といった、露出する機会が多い箇所の場合は特に気をつけて下さい。他に、脇の下は季節によっては隠れていますが、汗をかきやすいので注意が必要です。どの部位であっても油断はできません。

【部位別】脱毛サロンランキング