頭痛薬を飲んでいると脱毛できない?

MENU

頭痛薬を飲んでいると脱毛できない?

頭痛薬

頭痛、特に偏頭痛に悩まされているという方は多くいらっしゃいます。当然、そのような方は薬を常用していることが多めです。この頭痛薬は、脱毛を行う際にデメリットとなる可能性があります。エステでは常用している薬があると処置を断られることも珍しくありません。これは病院で処方された頭痛薬だけでなく、市販のものも対象となっています。とは言え、頭痛薬を飲んでいるだけで脱毛自体を断られる可能性は少なめでしょう。病院で処方された薬については、断られる可能性もあるかもしれません。エステは基本的にこの薬を飲んでいた場合には処置を断るという基準を公開していません。明らかに健康に影響を与えそうな場合は公開していることもありますが、日常的に飲む機会がある、頭痛薬などはどの程度までなら問題ないのか、詳しいことを知る術はありません。そのため一般論となりますが、頭痛薬でも脱毛の処置の前後一日は服用をやめるよう言われるでしょう。もし薬を飲んでしまった場合は、脱毛の処置を受けられない可能性が高めです。もちろん、エステによっては前後三日だったりするかもしれませんし、もしかしたら処方箋のいらない薬の服用でも断るエステもあるかもしれません。前述の通り、この辺りの基準は公開されていないので、どこまでならOKなのか、エステによってまちまちです。仮に脱毛の処置を受けたいと思われていらっしゃるなら、カウンセリングの時に服薬について確認してみて下さい。

【部位別】脱毛サロンランキング