脱毛と日焼けの関係性

MENU

脱毛と日焼けの関係性

日焼けしている女性

日焼けを起こしている場合は、脱毛が受けられない可能性があります。このことはレーザー脱毛の原理と大きく関係しているのです。レーザー脱毛とは、黒い箇所にレーザーを照射し、反応させて毛根を破壊する効果を見込むものとなっています。黒い箇所とは、要は毛穴のことです。しかし、日焼けを起こしていると、肌にレーザーが反応しやすくなってしまいます。黒色に反応することが問題なので、元々良く焼けているという方は脱毛に関してはやや不利と言えるでしょう。逆に肌が白い方は、肌が焼けてさえいなければ問題ありません。肌が黒くなっていると、処置を断られることもあります。肌が黒い状態でレーザーを使用した場合、通常より痛みを感じやすく、また肌が痛む可能性が高めだからです。毛根の破壊に関しても、効果は落ちてしまいます。そのため、毛根を破壊したい場合は日焼けを避けるのが基本です。クリームを塗るなどで対策は可能ですが、夏場はある程度焼けてしまうのは避けられないでしょう。そのため、毛根を破壊したいならば冬場の方が向いています。春、秋でも問題はありません。しかし一回の処理で全てが終わるわけではないので、春はやや向いていないと言えます。春に処理を始めると、どうしても夏場に跨ってしまいます。夏場は肌が焼ける可能性が高いので、春からの処置はやや危険です。冬か、秋の終わりぐらいから処理を始めると、夏場まで跨がない可能性が高くなります。毛を生えてこない状態にするなら、時期にも気をつけて下さい。

【部位別】脱毛サロンランキング