脱毛の妨げになるほくろ

MENU

脱毛の妨げになるほくろ

ほくろ

エステで行う脱毛は、光を使うにせよレーザーを使うにせよ、黒い部分に反応させて毛乳頭を破壊するという仕組みです。そのため、毛穴以外に黒い部分がある場合は処置を行うことができません。具体的には、焼けた肌、そして色素性母斑という別名で知られているほくろが体の代表的な黒い箇所です。肌に関しては日焼けが収まるまで待てば処置を行える可能性が高めですが、ほくろはそうはいきません。ほくろの濃さには差がありますが、非常に黒いのは確かです。焼けた肌よりも黒いのはまず間違いないでしょう。当然、黒い箇所に光やレーザーを当てると火傷の原因となりますので、処置が行われない可能性が高いのです。エステでは残念ながらほくろができている箇所の近くの処置は行われないと考えて良いでしょう。しかし、それ以外のところならば問題はありません。エステでも脱毛は可能となっています。ただし、ほくろがある場合はある程度範囲が狭められるのは確かです。もし脱毛したい箇所の近くに黒い母斑がある場合は、残念ながら手の打ちようがありません。全く不可能というわけではなく、原因がはっきりしているので対処は可能です。黒い箇所が問題ならば、除去してなくしてしまえば問題はありません。しかし当然ですが、脱毛の前に大きく遠回りしてしまうのは確かなので、現実的に考えれば処置は困難と言えるでしょう。どうしても毛をなくしてしまいたい場合は、母斑を取り除くことが可能なのか、それで本当に良いのかよく考えてから決断して下さい。

【部位別】脱毛サロンランキング