脱毛で女性ホルモンの量は変わる?

MENU

脱毛で女性ホルモンの量は変わる?

脱毛に通う20代の女性

脱毛を行った場合、女性ホルモンが大きく減るという噂があるようです。これは、単なる噂と思ってもらって問題ないでしょう。現在のところ、脱毛行為により女性ホルモンが減ったという記録はありません。特に永久脱毛は近年になって発達してきたものなので、もしかしたら近い将来には悪影響が出るという結果が出てもおかしくはありませんが、そのような兆候はないので、問題ないでしょう。何故このような噂が出てきたかについては、昔はホルモンが毛の生え方に関わっているという漠然とした情報しかなかったことが原因かと思われます。男性ホルモンと混同された可能性もあるでしょう。しかし現在では、毛の濃い、薄いに関するメカニズムはかなり解明されています。そのため、毛を生えてこなくさせた場合でも、分泌される物質の量が大きく変わるということは考えにくいです。絶対に変わらないとは言えませんが、無視できるレベルの可能性でしょう。ご存知の方も多いでしょうが、女性ホルモンは些細なことで分泌量が増えたり減ったりします。主な原因としては、食生活、ストレス、加齢などがあり、全く減らないという方はいらっしゃいません。その時の体の状態によって、大きく分泌量が異なる物質です。そのため、毛を抜かなかった場合でも分泌量が大きく減ることは有り得ますし、逆に毛を生えてこなくさせた場合に減らないことも有り得ます。毛を生えてこなくさせたことが原因で、体内物質に影響が出る可能性は極めて低いでしょう。

【部位別】脱毛サロンランキング