脱毛の前後に献血を行うのは良いのか?

MENU

脱毛の前後に献血を行うのは良いのか?

献血風景

もし脱毛を考えていらっしゃるならば、献血は避けるべきです。多くのエステで断られる可能性が高いケースとなっています。献血は、注射を行うということです。注射器を肌に刺して間もない状態で脱毛の処置を行った場合、傷跡付近が色素沈着を起こす可能性があります。肌に対してあまり良くない影響が出るのは間違いないでしょう。血を抜くことが問題なのではなく、注射が問題です。予防接種を行った場合も脱毛の処置は行わない方が良いでしょう。実際に注射を行った箇所を避ければ良いのではと考えてしまうかもしれません。しかしこれも基本的には断られる可能性が高めです。注射を行った箇所を避ければ良いのではないかという点については、明確に駄目な理由があるわけではありません。しかし、例外を認めると話がややこしくなるので、断られる可能性が極めて高いでしょう。献血にせよ、予防接種にせよ、体に少なからず影響が出ているのは確かです。そのような時期に脱毛の処置を行うというのは基本的には考えにくいでしょう。エステにより基準は異なるでしょうが、処置の十日前後は注射は避けるように指示される可能性が高めです。もし何か不測の事態が起こり、注射を行うこととなったら、残念ですが脱毛の処置は受けられないでしょう。その場合、必ずエステに申告して下さい。エステは病院ではないので、注射を行ったかどうか分かりません。トラブルの元となってしまいますので、注射を受けた場合は正直に言いましょう。

【部位別】脱毛サロンランキング