脱毛の妨げになる黒ずみ

MENU

脱毛の妨げになる黒ずみ

レーザー光脱毛

毛が生えている箇所に黒ずみがある場合、やや脱毛の利用が厳しくなります。少々黒ずんでいる程度では問題はないかと思われますが、濃くなっている場合は処置を断られる可能性もゼロではありません。レーザー脱毛、光脱毛のどちらを利用するにせよ、基本的な仕組みは一緒です。肌に存在する黒色に照射することで、毛を根元から破壊しています。黒色とは、具体的には毛やその奥にある組織のことです。しかし既に黒ずみが起こっている場合は、そちらに反応する可能性も否定はできません。そのため、断られる可能性があるのです。ホクロがあるところはレーザーや光で処理できないのと、理屈は同じとなっています。黒ずみができる原因は色素沈着です。メラニン色素が増えることで肌が黒くなってしまいます。メラニン色素が発生する原因は多くあり、どれか一種類ということはないでしょう。多くの方の場合は複数の原因があるものと思われます。皮脂が多く分泌されること、活性酸素の発生、紫外線による影響、そして皮膚への刺激がメラニン色素が発生すると言われている主な原因です。皮膚への刺激というのが、毛の処理の時に起こりやすく、黒くなってしまう最大の原因と推測されます。しかし他にも紫外線など、黒ずみを促進させる要素は複数あるので断定はできません。そして一度黒くなってしまった場合は対処が困難です。前述の通り脱毛することも難しくなる可能性があります。そのため、悪循環に陥って処理が困難になるのです。

【部位別】脱毛サロンランキング