妊娠初期ですが脱毛は可能でしょうか?胎児に影響は?

MENU

妊娠初期ですが脱毛は可能でしょうか?胎児に影響は?

妊婦のおなか

脱毛したいと考えている女性の中には、妊娠初期の女性もおられるでしょう。または、脱毛に通っていたが妊娠してしまった場合もあるでしょう。そういった場合に、脱毛を受ける事は可能なのでしょうか?妊婦や胎児に悪影響が出るようであれば絶対に避けるべきですからね。結論としては、脱毛サロンでは妊娠初期だろう中後期だろうと脱毛を拒否されるという事です!妊婦という状態自体にリスクがありますし、脱毛をすることでどのような悪影響が出るか分からないのが現実です。妊娠初期の段階で脱毛をしたことで胎児に悪影響が出たといったデーターは聞いた事がありませんし、もしあったとしても因果関係を証明するのは不可能に近いでしょう。また、一般的には妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れるため、お肌が敏感になることで脱毛で肌荒れや炎症を起こしやすくなると言われています。まぁこれも一般論であり、結局は確実に大丈夫だと言えない状態であるため避けたほうが無難だという判断のほうが強いでしょう。サロンによっては妊娠中でもOKといったうたい文句をしているところもあるようです。しかし、そういったサロンはお客さん欲しさにリスク管理が適当でズサンな状態で施術している可能性があります。脱毛の効果が無かったり、酷い勧誘を受けたりといった別の悪影響が出る可能性があります。基本的に光脱毛はレーザー光線ですし放射線ではありませんので大きな影響はないだろうと考えられます。しかし、妊娠したのであれば脱毛は控えておくべきでしょう。用心に越したことはありませんし、そういった心がけが他の選択にも良い影響を与えます。妊婦は精神的にも不安定になりやすいですので、余計なストレスを抱えない為にも脱毛は控えて出産準備に専念しましょう。ちなみに、妊娠の予定が少なからずあるのであれば脱毛サロンを選ぶ際には期限が長いコースが準備されているところを選ぶと良いでしょう。妊娠による一時休止や再開が可能なサロンを選びましょう。例えばミュゼやエピレの両脇脱毛は回数も期限も無期限です。サロンによっては期限が2年間とか3年間と言ったコースもありますので、コースを選択する際なども無期限のものを選ぶと安心ですね。無期限コースでも2年以上連絡が無いとデーターが消えてしまうサロンもあります。必ず妊娠してサロンを控える際には連絡して伝えるようにしましょう。

【部位別】脱毛サロンランキング