脱毛サービスのクーリングオフ

MENU

脱毛サービスのクーリングオフ

契約書

エステの脱毛を申し込んではみたものの、冷静になってみれば高過ぎると感じたことはありませんか?その場合に使えるのが、クーリングオフという制度です。クーリングオフとは頭を冷やすという意味であり、定められた期間以内なら契約を無効にすることができる制度のこととなります。とは言え、無条件に何もかも無効にできるわけではありません。まず、扱っているサービスによっても条件は違います。高額な買い物をした場合と、脱毛のようなサービスは同列に扱うことはできません。エステの脱毛サービスは特定商取引法の特定継続的役務に当たります。継続とある通り、長期間にわたっていることが特徴です。エステの他には家庭教師、学習塾などが指定されています。変わったところだと、結婚情報提供も特定継続的役務です。どれも長期間にわたって客にサービスを提供する仕事となっています。しかし、特定継続的役務の指定を受けている仕事であっても、クーリングオフの条件は異なっているので注意が必要です。エステの脱毛の場合は、契約書が作成されてから8日以内であることが一つ目の条件となります。契約書が作成された日が1日目であることに気をつけて下さい。そして二つ目はサービスが一ヶ月以上にわたることです。解約を考えるようなお金を払う場合、短期ということは考えにくいですが一応注意が必要となります。そして最後に、料金が5万円を越えることです。5万円以内の場合はクーリングオフは不可能ですが、エステによっては対応してくれる場合もあります。

【部位別】脱毛サロンランキング