脱毛当日のお風呂はどうするのか

MENU

脱毛当日のお風呂はどうするのか

入浴中の女性

脱毛の処置を受けた後でも、やってはいけないことは多くあります。処置の当日はお風呂に入ってはいけません。脱毛の手段に関わらず、当日の入浴は禁止となっています。これは、肌を守るためです。レーザーの場合は特にですが、人の手で意図的に日焼けを作っている状態となっています。通常の日焼けと違って、肌の色が変わることは少なめですが、実際のところは火傷に近い状態にあるのです。当然ですが、日焼けした時にお風呂に積極的に入りたがる方は少ないでしょう。日焼けの程度にもよりますが、酷い場合は痛みでとても入浴はできません。肌の色は変わっていなくても、日焼けしていると考えて頂ければお風呂に入ってはいけない理由が分かるのではないでしょうか。熱が残った状態なので、体を温めることは痛みと肌のダメージに繋がります。お風呂の他にも飲酒、激しい運動などが禁止されており、どれも熱を溜め込む可能性が高い行為です。その中でも、特に入浴は危険だとされています。浴槽の中には雑菌が多いからです。もちろん、雑菌は至るところに存在しており、日常生活を送る上ではさほど気にする必要はありません。しかし脱毛の処置により肌にダメージを受けており、炎症を起こしやすい状態では話は別となります。炎症を起こす程度で済めば良い方で、化膿することも考えられるのです。入浴はできませんが、シャワーで体を洗うこと自体に問題はありません。処置の当日はシャワーだけで済ます方が良いでしょう。

【部位別】脱毛サロンランキング