レーザー脱毛に関係のあるパルス幅

MENU

レーザー脱毛に関係のあるパルス幅

レーザー脱毛中

レーザー脱毛を行う場合、パルス幅が重要となります。しかし、パルス幅と言われても何のことだか分からないという方も多いのではないでしょうか。簡単に説明させて頂きます。パルス幅とは、レーザーの場合は時間を表しているものと考えてもらって良いでしょう。つまり、レーザーをどれぐらいの間隔で肌に照射するか、その基準となる数字です。この照射時間は、しみ対策や脱毛といった用途で使う場合、短くなります。レーザーの波長も効果に影響するのですが、恐らく説明されることは少ないでしょう。もし興味があるなら調べてみて下さい。ロングパルスレーザーを使い、毛根を破壊していくわけですが、機器が良いだけでは効果は得られません。部位毎に適切な出力、適切な間隔というものが決まっています。とは言え、この辺りのことは専門家の方に任せるしかありません。処置を受ける側が知っていても、役に立つことは少なめとなります。前述の通り、機械が良いから効果が出るというわけではありません。適切な処置を施さないと、脱毛の効果を得ることはできないのです。利用者にできることは、機械を使いこなせているところはどこかを見極めることだけと言ってもいいでしょう。基本的には口コミなどを参考にするしかありません。パルス幅といった専門用語を知っていても、基本的には役に立たないですが、使いどころはあります。実際にエステでカウンセリングを行う時に、詳しい説明を求めて適切な答えが帰ってくれば、ある程度は信用できるのではないでしょうか。

【部位別】脱毛サロンランキング