脱毛と多汗症に関係はある?

MENU

脱毛と多汗症に関係はある?

多汗症の女性

脱毛と多汗症に関係があるのか、科学的に証明がされているわけではありません。現在のところ、毛をなくしてしまったことが原因で多汗症になるとは認められないのが実情です。しかし、脱毛を行ったという方が汗をかきやすくなったという声は多く聞かれ、汗の量については全く変わらないというケースの方が稀な状態となっています。特に脇の下については汗の量について悩んでいる方が多めなのが実情です。この汗の量については、二種類の原因が考えられます。まずは本当に汗の量が増えたというケースです。脱毛はレーザーにせよ光にせよ、毛乳頭を破壊し毛穴をなくす処置となっています。この行為により、汗腺が刺激される、毛穴がなくなるという結果が生まれるでしょう。汗腺が刺激されるというのは、そのまま汗を分泌させる働きが増加するという意味です。しかし、前述のとおり汗腺が刺激されることがあるのか、科学的には解明されていません。そして毛穴がなくなるのは、脱毛を行った場合は当然の結果ですが、このことが汗と関係していると思われます。毛穴があるということは、肌に小さな穴が空いた状態です。毛が生えていない、使われていない毛穴は汗を吸収する効果が見込めます。しかしそのような汗を吸収してくれる穴が塞がることで、以前より汗を感じやすくなることは否定できません。また、多汗症は精神的なものが原因である場合もあります。過剰に意識した場合は、より汗をかきやすくなるでしょう。

【部位別】脱毛サロンランキング