豆乳ローションで脱毛はできるのか?

MENU

豆乳ローションで脱毛はできるのか?

豆乳

豆乳を上手く使うことで、脱毛効果を期待することができます。とは言え、豆乳はあくまで食品ですので、完全に毛を生えてこなくさせることは難しいでしょう。豆乳は大豆イソフラボンを多く含んでいることで知られています。この大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするのです。この毛の成長の促進を抑える女性ホルモンに似た成分を使うことで脱毛効果が見込めます。また大豆イソフラボンは副作用があまりないので、嫌いでなければ積極的に取っても大きな弊害が出ることは少なめです。この大豆イソフラボンを使用したローションを使うことで、毛を減らす効果が見込めます。ローションの作り方を簡単に説明させて頂きますが、やや面倒です。まずレモン汁を70mlから100ml用意しましょう。そして豆乳を鍋に入れてから、火を付けます。70度近くになったら火を止め、レモン汁を入れて下さい。そして消毒用のエタノールを入れ、サラシを敷いたボウルに移して冷めるのを待ちましょう。冷めたらそれを絞っていきます。これでローションは完成です。使い方は簡単で、毛が多いと感じている箇所に塗っていくのが基本となっています。朝晩の二回程度が良いと言われていますが、好みに合わせて使って下さい。

【部位別】脱毛サロンランキング