脱毛で起きやすいやけど

MENU

脱毛で起きやすいやけど

火傷

脱毛を行う上で、最も起こりやすいトラブルがやけどです。これは最近に限った話ではなく、昔からよく起こっていました。原因は、大きく分けて三つあります。一つ目はレーザーや光の出力が高過ぎることによるやけどです。これは肌の限界を越えた力で照射されることにより引き起こされる異常となっています。そして二つ目は、気づかないうちに、やけどを起こしやすい肌へと変化していたという理由です。これは日焼けなどが主な原因となっています。肌が焼けていた、或いは抵抗力が弱っていたといった理由で、通常なら問題ないレベルの照射でも水膨れができてしまうことがあるのです。そして三つ目は、脱毛の処置後の冷却が不十分だったというケースとなっています。処置後は冷却ジェルで肌を覚ますのですが、これが不十分だった場合に、紫外線といった刺激を浴びることでやけどの症状が出るというパターンです。他にもあるかもしれませんが、原因は概ねこの三つとなっています。複合している場合もあるでしょう。残念ながら、脱毛による水膨れの発生を、利用者側が防ぐことはできません。どれだけ気をつけていても、肌が熱くなってしまうことはあります。そのため、仮に異常が起こった際に素早く対処を行うことが基本です。他の箇所と比べて明らかに熱を持っている箇所があるというのは、水膨れの前兆と言えるでしょう。まだエステにいる間に報告し、冷却ジェルでよく冷まして下さい。そして仮に水膨れができていたら、病院に行くことも視野に入れた方が良いでしょう。

【部位別】脱毛サロンランキング