予防接種の前後の脱毛は避けるべき

MENU

予防接種の前後の脱毛は避けるべき

予防接種の注射

予防接種は、大人になると受ける機会が減ります。しかし、ゼロではありません。毎年のように猛威を振るうインフルエンザの予防接種は受ける方も多いのではないでしょうか。一例としてインフルエンザを挙げましたが、他にも予防接種は多く存在しています。どの病気でも、注射を使い弱めの病原体を体に入れることとなるでしょう。この状態の時は、脱毛を受けられません。注射をされたところさえ避ければ良いのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはありません。病原体は体の様々な箇所に影響を与えています。肌も例外ではありません。そのため、仮に病原体が残ったままで肌に負担のかかる脱毛を行った場合、通常より多く負担がかかると考えて良いでしょう。かゆみ程度で済めばいい方で、腫れることも考えられます。トラブルの原因となる可能性が高いので、病原体が活動しているかもしれない状態の時は脱毛を受けることができないのです。エステでは必ず確認されるでしょう。具体的にどのくらい期間が空いていればいいのかは、予防接種の種類によって異なります。エステに聞くのが一番良いでしょう。目安としては、二週間程度空いていれば問題なく処置を受けられる可能性が高めです。

【部位別】脱毛サロンランキング